新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)の活用促進について

厚生労働省は6月19日に、新型コロナウイルス感染症の拡大防止を目的として、スマートフォン向けアプリ「COCOA」の配信を始めました。
本アプリは、利用者が新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性がある場合に、通知を受けることができるものであり、感染の可能性をいち早く知ることで、感染拡大の防止につながることが期待されています。利用者が増えることで感染防止の効果が高くなることが期待されておりますので、会員事業所の皆様もぜひご活用ください。