設備工事等における労働災害防止について


長野労働局からのお知らせです。

お盆を中心とした夏期休業期間中やゴールデンウイーク・シルバーウイーク、
年末年始等には、操業を停止した製造工場等において設備の新設や更新工事を実施する
機会が多くなりますが、作業日程が限られた中での慌ただしい工事となることもあり、
労働災害も発生しやすくなります。

特に製造工場における設備工事等では有機溶剤等の化学物質や硫化水素・一酸化
炭素等による中毒事故や、感電事故等も発生していることから、各職場においては、
労働災害防止対策の徹底・再確認をお願いします。

詳細につきましては下記チラシをご覧ください。(PDF形式)
・設備工事等における労働災害防止について