まちなかキャンパス実地研修「長野市松代 寺町商家」


4月4日(土)まちなかキャンパスの実地研修として長野市松代の「寺町商家(旧金箱家住宅)」見学を行いました。

寺町商家は、松代において江戸時代末期から昭和初期まで質屋等を営んでいた商家・金箱家の屋敷です。敷地内には、明治期から大正期までの商家の営みを伝える歴史的建造物群と、城下町の泉水路でつながる池を中心とした庭園が現存しています。

松代における明治期の豊かな商家の暮らしぶりを伝える貴重な資料として、平成24年に長野市の指定有形文化財(建造物)に指定されており、2015年4月4日より一般公開がスタートされました。貸室、イベント利用などの施設利用として活用できるそうです。
2015040401

2015040402

2015040403

2015040404

2015040405

2015040406

2015040407

2015040409

2015040410

千曲市の稲荷山地域も重要伝統的建造物群保存地区に指定されており、地域資源の活用について良いヒントを得ることができました。