「実践!下請法」のリニューアル改訂版を発行


下請法とは、下請事業者の利益を保護し、下請取引の適正化を推進するための法律で、 公正取引委員会と中小企業庁の連携により、厳正な運用が図られています。
法令に違反すると行政指導(改善勧告)を受け、企業名が公表されます。公表により、企業の信頼が大きく損なわれ、「企業イメージ」や「商品ブランド」に対する社会的評価の低下を招く恐れがあります。

(公財)全国中小企業取引振興協会(全取協)では、このたび下請代金支払遅延等防止法 (下請法)について分りやすく解説したテキストをリニューアルした改訂版を発行しました。

[定 価]2,571円(税込み)
[体 裁]A4版、283ページ

詳しくは、以下のサイトをご覧ください。
http://www.zenkyo.or.jp/dvd/book.htm